メインイメージ画像

実際に運転をおこなう実技になりますと独学では現実的ではない

実際、教習所の課程をこなさなくても試験に合格することで、運転免許証は交付されます。ただ、筆記試験は、独学だけで受かるかもしれませんが、実際に運転をおこなう実技になりますと練習する準備や、付き合ってくれる人を探したり、車を準備したりとあまり現実的ではありません。そこで、指定教習所で試験を行い合格しておくことで、運転免許試験場では技能試験免除ですので、学科試験の受講で済みますので、何度も試験を受けるよりも、短い期間に安い費用で、運転免許が取得できるメリットがあると言えるのです。

自動車免許取得の時、学科は、指定教習所で26時限と決められています。

ちなみに、1教習の時間、50分に決まっています。一般的には、毎日の時間割が教習所で決まっており、受けたい学科教習を予約して受けていくことになっています。技能教習に限っては、指定教習所で卒業検定を受講できます。

ですが、学科の試験だけは、都道府県の運転免許試験場で受講し、合格する必要があります。都道府県指定の運転免許試験場で学科の試験を合格すれば運転免許を取得できるのです。

前まではAT車限定ではなく、MT車の自動車免許を取得する方が多い時もありましたが、最近、MT車に乗る時もあまりありませんので、AT車限定の自動車免許を取る方が多いと聞きます。

仕事の車や購入希望の車、家族で使っている車などがMTじゃないのなら、免許証はAT車限定でも、不便はないでしょう。さらに、教習所のお金がMT車の免許に比べてAT車限定の免許のほうが若干、安く設定されていますので、後々、MT車に乗ろうと思っていなければ、AT車限定の免許が良いでしょう。

更新情報